家庭でも大切。スタンダードプリコーションの意識。

福祉

「スタンダードプリコーション」

そんな言葉が福祉の業界にはあります。

このコロナ渦。

改めて、この「スタンダードプリコーション」が重要視されています。

皆様、家に帰ったら手洗いうがいをしっかりしていますか?

玄関で消毒、除菌までする家庭も増えていますよね。

昔では落ちたアメも3秒ルールが適用されていたのに。

今では考えられませんよね。

スタンダードプリコーションってなあに?

スタンダードプリコーションは別名、「標準予防策」とも呼ばれます。

直訳すると

スタンダード→標準
プリコーション→警戒,用心

意味は

全ての血液や、汗、怪我に対して「感染するもの」として扱う意識をもつ事をいいます。

介護の場面で

「この人は感染している恐れがあるから対策を厳重に」

「この人は感染経路とは無関係だから大丈夫」

と、分けないで

全ての人は感染している可能性があるとして、徹底した感染対策を標準的に行う必要があるという考え方ですね。

 

なかなか出来ていない我が家

とはいうものの・・・

「帰って来たら直ぐに手洗いうがいをしなさい。」

毎日言って聞かせますが、子ども達はテレビのリモコンや玩具に飛びついて行きます。

たまに洗って来たかと思うと、手からは石鹸の匂いがしなかったり。

最近では「洗ったよ。」という嘘をかましてきます。

そんなに面倒くさいのでしょうか?

バイ菌が体をのぼっていくぞ

「外から引っ付いてきたバイ菌が体をのぼって、口に入ったり玩具に引っ付いたりするぞー」

と、子ども達の想像に訴えかけると洗ってくれたりします。

ほとんど脅しじゃないか。

大体は玄関からパパがクレーンの様に洗面所まで運び洗わせます。

自分から進んで洗う様になるのはいつの事か。

いつまでも寝ないと鬼が来るぞ~!
夜寝る前に子ども達はテンションが高い。 ベッドでジャンプ。兄弟でじゃれあい笑いあっています。 あー。明日も早...

 

感染はそんな油断から始まります

そんな楽観的な事を言っているのも

「大丈夫じゃないだろうか。」

という気の甘さから来るものです。

感染はそんな油断から始まります。

目に見えないウイルスと戦っていくには、

「すでに菌は体に着いている。」ものとし、

家庭でも「スタンダードプリコーション」の考えで行動していかなければなりません。

ここまで読んでくださりありがとうございました(^▽^)/

 

ではまた☆彡

 

塗るだけで保護膜を作り菌を寄せ付けないハンドクリーム

コメント

タイトルとURLをコピーしました