介護レポート。スイカ割りをしよう。

福祉

夏ですね。

毎日空調にて体調管理に気を配っているので、介護施設ではどうも季節が分かりにくかったりします。

こんな時に、季節ごとの行事を計画し、季節を知ってもらい同時に涼も感じて頂きます。

夏と言えばそう。

スイカ割ですね。



テーブルスイカ割り

利用者様は車椅子に座っている方が殆ど。

座ったまま床に置いてあるスイカを叩くと、スイカ割る前に膝を割ってしまうかもしれません。

なので、テーブルの上にスイカを置いて、テーブルスイカ割を楽しみました。

準備するもの

  • スイカ(すぐ割ってしまった時の為に2個)
  • テーブル
  • 段ボール
  • 新聞紙
  • タオル
  • 棒切れ

遊び方

  1. テーブルに段ボールと新聞紙を敷く
  2. 中央にタオルでわっかを作る
  3. スイカを置く(タオルの上に置くことでコロコロ動かない)
  4. 利用者様に叩いてもらう

実施の様子

始めに、大きなスイカを見て喝采があがりました。

「大きいね。誰が育てたの?」

農家の利用者様は興味津々でした。

スイカ割を発表し、いざ誰が叩くかになると

全然手があがんねー( ´艸`)

様子を見ながら叩きそうな方に依頼しました。

1回目。「エイ!!」空振り。

2回目。「エイ!!!」やった。当たった。

それでもスイカは割れません。

簡単に割れてもらっちゃ困りますけどね(;’∀’)

10回ほど叩いたところで

「バカッッ!!」絵に描いたように真っ二つに割れて、2度目の大歓声でした。

その場で切って食べてもらいました。

皮ごともって食らいつく様子は、本当に幸せそうでした。

食事形態に合わせて、すりつぶしたり、一口大にしました。

スイカは柔らかいので現場で形態を変えられて便利でした☆彡

まとめ

高齢者施設で、夏の催し物として「スイカ割り」は

大変好評良く終わることが出来ました。

実際に出来ない方も見る楽しみがあります。

7月の七夕で笹飾りをした所は、処分する前に竹をスイカ割り用に切ると準備が楽になります。

皆さんも是非お試しください(^^♪

 

ここまで読んでくださりありがとうございました(^▽^)/

ではまた☆彡

タイトルとURLをコピーしました