おすすめ読書「リーダーの一流、二流、三流」

自分磨き

YouTubeで中田敦彦さんが「雑談の一流、二流、三流」という本を紹介していました。

とても興味深く、面白い内容でした。

私も読んでみようと思い、近くのTSUTAYAに行ってきました。

すぐに見つかると思い、探していると、別で興味のあるものを見つけちゃいました。

それが・・・

吉田幸弘さん著 「リーダーの一流、二流、三流」

ほほう。続編かな?と思いましたが、著者が違いました。

吉田幸弘さんは、会社での数々の経験を基に、人材育成コンサルタントで活躍されている方です。

私も若い子が入社してきて、ボチボチ中堅になってきたので、ここいらでリーダーの勉強をしなくてはと思い、早速読んでみました(^▽^)/

とても勉強になりました。

内容が非常に豊富なので、私が気になったところを読んでの感想になります。



結論から言うと

私なりにまとめさせて頂くと、理想のリーダーは「太陽の様な存在になる」ということです。

具体的に言うと、リーダーとして明るく元気に振る舞うということです。

何でもしてくれるリーダーより、

「ちゃんと働きぶりを見てくれている。」「元気をくれる。」

といったリーダーが部下は成長するし、モチベーションがあがります。

リーダーに昇格した途端、人が変わったかのように、できない部下にイライラしたり、地位を振りかざしてくる人っていますよね。

「前はあんなに優しかったのに・・・」

と思うことが多々あります。

 

リーダのタイプ

リーダーには「引っ張っていくタイプ」と「押し上げるタイプ」があります。

「引っ張っていくタイプ」は威張っているリーダーでなければついて行きます。

リーダーがどんどん指示をだして統率力もとれます。

ですが、それでは部下はリーダー以上の能力は発揮できないのです。

それではリーダーがいつまでも忙しいですし、リーダーに頼り切って

いざという時

「えー、私よくわかんなーい!」状態になります。

一方で「押し上げるタイプ」は、メンバーが自ら考え能動的に動くチームが作れます。

 

リーダーは共感する

部下に共感できる上司が信頼されます。例えば・・・

部下が落ち込んでいた際は「元気出せよ。」ではなく、「大変だったな。」と部下の気持ちに寄り添います。

気持ちを合わせることで信頼されます。

部下に指示を出すときは「いいからやれ。」ではなく、「その仕事をやる理由」を明確に説明します。

理不尽な対応をとりません。

部下に過去の話をする時は、成功談より失敗談を話します。

部下は成功談より、失敗談に共感するからです。

 

リーダーは全体を見る

私の上司にもいましたが、部下の仕事に無関心のリーダーは愛想をつかされます。

部下はリーダーの仕事ぶりを見ているのではなく、自分を見てくれているかを気にしています。

仕事に勝とうとする必要はありませんが、部下の仕事に興味をもって、理解しようとする姿勢が大切です。

 

リーダーのほめ方、しかり方

皆の前でほめる事は、一部の部下にはプレッシャーや劣等感を与えてしまうので、個別に一対一でほめるのが良いとされています。

しかり方。というか、指摘の仕方ですが、好かれようとも嫌われようともする必要はありません。

修正する事柄に対し、感情的にならず指摘すれば良いのです。

無責任、理不尽な事に対し部下は不満を持ちます。

しっかり理由を伝えれば、嫌われません。嫌味っぽくいったらダメですよ(^▽^)/

 

まとめ

以上の事から、リーダーは全体を見る太陽の様な存在である事が分かったと思います。

完璧を求めすぎるとリーダーは悪い方向に向かっていきます。

部下以上に出来る必要はありません。

皆の力を借りて、チームで進んで行くのです。

自分が出来ないことを隠さず、気負わず、遠慮せず、明るく元気にリーダーをする。

そうすることで、部下も元気になる。

「実るほど頭が下がる稲穂かな」私の好きな言葉です。

本書は他にも実践できる素晴らしい方法が多数掲載されています。

興味のある方は是非読んでみてくださいね(o^―^o)

 

ここまで読んでくださりありがとうございました(^▽^)/

ではまた☆彡

コメント

タイトルとURLをコピーしました