PREP法(プレップ法)の覚え方

自分磨き

PREP法(プレップ法)って知ってますか?

スピーチやプレゼンで使う手法です。

この流れで説明すると分かりやすいそうです。

いや、この言葉自体、覚えられねーよ!

私は日本人だ!日本語で教えて!

なので結論!

プレップ法は「ケツリグロンの法則」と覚えましょう(^▽^)/



PREP法(プレップ法)では分かりにくい

プレップ法とは英語の頭文字をとった説明手順です。

P OINT=ポイント、結論
R EASON=理由
E XAMPLE=事例、具体例
P OINT=ポイント、結論

このように説明されて、初めてナルホドと思いますよね。

でもこのまま覚えようとすると、

時間が経つたび、

「あれ?Pは何だったっけ?」「Eって何だったけ?エクストラ?」

等、頭の弱い私には覚えられません

だったら、日本語で覚えちゃえばいいんです。

P 結論
R 理由
E 具体例
P 結論

結論、理由、具体例、結論

結理具論

けつりぐろん

ケツリグロン

ケツリグロンの法則です!!

ケツリグロンの覚え方

ケツリグロンが覚えられねーよ!!

そうですよね( ´艸`)

では、私がイメージ例を作ります。

ケツリグロンは怪獣です。

勿論、ケツを出した怪獣です。

クレヨンしんちゃんで言う所の「ケツマルダシ」という怪獣です。

ロンと言うくらいだから、龍の形をした怪獣です。

ケツを出したシェンロンみたいな怪獣ですね( ´艸`)

まとめ

PREP法はプレゼンや発表にてとても役に立つスキルです。

是非覚えておきたいですね☆彡

英語が苦手でどうしても度忘れして思い出せない方は

ケツリグロンの定理で覚えて下さい。

ケツリグロンのデザインを募集したいと思います(笑)

 

ここまで読んでくださりありがとうございました(^▽^)/

ではまた☆彡

タイトルとURLをコピーしました