高ければ美味いってもんじゃない。物の価値を考える。

自分磨き

嫁はスイカが大好きです。

スイカが市場に出だしたら

「初物だぁーー」

と買ってきます。

初物は高いですよ。2千円に届くのではないかという勢い。

確かにスイカは美味い。

でもバナナの方が美味くない?

多い、甘い、安い。三拍子。

高くても買っちゃう。何ででしょうか。



食品の値段は希少性

値段の高いか安いかを決めているのは、希少性です。

買う時期に手に入りやすいか、手に入りにくいか、それだけです。

バナナが作るのが難しくって、手に入りにくかったら絶対高いです。

あんなに甘くて、種も無く食べやすいものはありません。

実際は小さな種あるんですけどね( ´艸`)

スイカがゴロゴロ出来る世の中であったら、皆夢中にはなりません。

少し甘くて、やたら種の多い果物です。

メロンだって、甘いキュウリです。

滅多に食べられないものだから、高くても食べたくなるんですね。

人は味を確かめたい生き物

滅多に食べられないと

「最近食べて無いなぁ。どんな味だったかなぁ。」

脳内で味を思い出しながら、その味が合っているか確かめたくなります。

だから、高くても買ってしまうんですよね。

ウニやイクラだって、あんなに不味いのに(好きな人すみません)

たまに、どんな味か確かめたくて頼んじゃいます。

そして一口食べて、

「うん。上手くないな。」と納得します。

人は思い出にもお金を出すんですね。

人の嗜好はそれぞれ

育ってきた環境で味覚は養われて行きます。

その時に食べた思い出であったり、感じた衝撃であったり。

「なんでそんなものが美味しいの?」

と思うでしょうが、その人にとって、

「あの時、皆で食卓を囲んで食べた○○美味しかったなぁ。」

「腹ペコで食べた○○美味しかったなぁ。」

といった思い出があります。

美味い、不味いはその人の育ってきた環境が大きく関わっているので、

その人によって物の価値も違うってことですね。

大人になって思い出す、お母さんの卵焼き。

1000円でも買いませんか?

まとめ

食べ物の値段基準

その時期で世の中に出回っているかいないか。希少性。

高くても買う理由

思い出を買っている。

私もおじいちゃんになった時、

家族みんなで食べた朝食を思い出し涙するでしょう。

もう一度食べられるなら、年金を全部はたいてでも食べると思います。

今ある幸せ。噛みしめて行きましょう。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました(^▽^)/

ではまた☆彡


コメント

タイトルとURLをコピーしました