こどもの感染症!初めての水疱瘡。

子育て

娘が保育園から厄介なプレゼントをもらってきました。

その名も「みずぼうそう」!!

今回は「みずぼうそう」の体験談です。

 


 

そのぶつぶつなあに

お風呂あがりに、なにやら背中がブツブツしてんなぁーと気になったのが始まりです。

 

次の日、背中から首やお尻と周囲に広がっていき、発生源の親ブツの中心はただれて汁みたいのが出ていました。

 

あぁ、これは汗疹とか、突発的なブツブツではないなぁーーと思い、保育園に連絡。

 

どうやら同じ症状の子もいるみたいでした。

 

すぐに小児科に受診。

 

診断の結果「水疱瘡 みずぼうそう」でした。

 

みずぼうそうは感染症

みずぼうそうはウイルスによる感染症です。

 

潜伏期間は感染から2週間。

 

38℃前後の発熱があるとのことでしたが、娘は平熱でした(;’∀’)

 

大人にも稀に移るらしいですが、移ると重症化しやすいらしいので、免疫力が下がっているときはご注意を。

 

お父さん方は子どもさんのお残しを食べないように!

 

塗り薬と飲み薬のダブルアタック

娘が処方されたのは塗り薬と飲み薬の2種類でした。

塗り薬は白色で絵の具のにおいがしました。

入浴後、体を拭いた後、指先に付け”チョンチョン”と当てるように塗ります。

首回りにも塗るので髪の毛は事前に上にくくった方が良いです。

面白がって90%の確率で子ども自ら塗りたくるので、断固たる決意で渡さないように。

 

いつの間にか塗っていて、振り向いた瞬間バカ殿になっていると泣きたくなります。

次の日には、塗った場所のすいほうがカラカラになっていました。

とびひを防げるみたいです。

飲み薬は、娘曰く「苦い」らしいです。

少し舐めてみましたが、大人が飲む薬よりは甘く作ってる気がしました。

こいつがヘルペス系のウイルスをやっつけるみたいです。

てことは、塗り薬で拡大を抑え、飲み薬でやっつけるわけですね(^▽^)/

 

完治。そして有給ぶっ飛び

大体1週間で症状は良くなりました。

 

あとは、再受診して医師の指示に従い、晴れて保育園へ。

初めてのみずぼうそう。

あなどってはいけませんが娘の場合、症状も軽く毎日家の中で暴れて祭り気分でした。

外に出れない苦痛をおもちゃにぶつけ。私にぶつけ。

お金もぶっとび。そして有給もぶっ飛びました。

こどもが小さいので、いざという時に有給貯金してましたが。 とほほ。

看護休暇が取れるところは職場に聞いてみた方がおすすめです。

 

後日談

無事保育園に行き大はしゃぎでした。

ずっと友達に会いたい。先生に会いたい。だったのでとても喜んでいました。

今回症状が軽かったのは、みずぼうそうの予防接種をしていたからかもしれません。

重症化する子もいるそうなので、未だの方は接種を考えてもいいかもしれませんね。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました(^▽^)/

 

ではまた☆彡

コメント

タイトルとURLをコピーしました