小説「限界集落株式会社」で学んだこと。

自分磨き

こんにちは、ひのぱぱです(^▽^)/

今回読ませて頂いた本は

黒野伸一著 「限界集落株式会社」です。

 

限界集落って?

その名前の通り、消滅寸前の、「もう限界で~す!」という認識でOKです。

エリートサラリーマンが里帰りして、消滅寸前の村に騒然とします。

何とか村を守りたい!という思いから復興へ向けて試行錯誤するお話です。

その過程での人間模様と成長がとても面白かったです。

※感想には若干のネタバレが含まれます。気にならない方のみご参照ください。結末には触れません。



読んだ人はこう成長します。

読んだ人はこう成長します。

  • 農業をしたくなる
  • 自分の役割について理解できる
  • ストーリーが面白く、読んだ後には満足感が得られる

私がこの本で学んだこと

私がこの本で学んだことを紹介していきます。

気になる項目があれば是非ご覧ください。

人には適材適所がある

農業ってどうも苦手で・・・という人もいますよね。

他の仕事でもそうです。

私は介護の仕事をしていますが、動くより考える方が好きなので、どうしても人より介助スピードが遅くなります。

仕事が早い人は「モタモタして遅いなぁ。」とイライラするかもしれません。

しかし、会議での発言力や、利用者様への傾聴力には自信があります。

このように、人にはそれぞれ得意分野があります。

本書内でも、畑仕事が生きがいの人もいれば、パソコンを渡したら水を得た魚の様に活躍する人もいます。

自分の得意、不得意を見直し、それを生かす行動も必要です。

他人を見る場合でも適材適所を見極め、得意を認めてあげる事も大切であると学べます。

後がない人は強い

集落を訪れる人の中には、前の事業が上手く行かず、家族三人ホームレス状態の人もいます。

そんな後がない人は強いです。

雇ってもらえなかったら、一家心中も考えているレベルなので、滅茶苦茶一生懸命仕事をします。

村の人達は、仕事だけではなく、寝屋や食料まで提供して支え合います。

ここでは、人情について深く学べました。

人は感情の生き物であり、目の前の人を助けるという思いが、人を引き寄せ力になる。

必要じゃない人間なんてひとりとしていない。

こんな助け合いの精神に気付くと、老後の2000万円問題はどうにでもなりそうな気がします。

この家族。実際大きな活躍を見せてくれるので見物です( ´艸`)

一人の不祥事は全体の不祥事

作中で、一人が不祥事を起こします。

事情はあるのですが、メディアはそんな事お構いなしです。

上手く行っている所から出た埃を叩くのは大好きですから。

メディアに悪評を流された村は大ピンチに陥ります。

ここで学べるのは、一人の不祥事は全体の不祥事である。という事です。

私たちの仕事でも良くあることです。

いくら一生懸命仕事をしても、誰かが手を抜いたり悪い事をすると、内情を知らない外部の方は

「あの会社最悪だよね。」

と会社全体の評価に繋がるのです。

信頼回復には真摯な対応をとり続けなければなりません。

それは並大抵の努力ではありません。

私も、誰か一人の行動で人生って変わるのだと気づかされました。

誰かを貶めたりする事は決してしないように。

独自性が武器になる

農業だけでは、どこでもやっているので、農業全体に埋もれてしまいます。

目を引くのは独自性です。他とは違う物に対し人は目を引きます。

農業×アニメ  とか  農業×IT

など、基になるものに何かを掛け合わせる事で独自性が生まれます。

私もブログを書いていますが、独自性がないので読まれない事もあります。

何でもかんでも手をつけると、目を引かないという事ですね。

何でも独自性をもって突き抜けないといけませんね。

子どもの教育でも、何か得意を伸ばしてあげた方が、何でも卒なくできる器用貧乏を育てるより良いですね。

まとめ

人には得意、不得意があるものです。

「自分は何も出来ない」と嘆いている方は、他に自分の得意なフィールドがあるかもしれません。

自分に出来て、他人が苦手とすることもきっとあるのです。

それぞれが、他人を認め合い、足りないものを補い合う事で、最強の集団が出来る。

そんな気持ちにさせてくれる本でした。

まだ読んでないよって方は是非ご覧ください。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました(^▽^)/

ではまた☆彡

 

タイトルとURLをコピーしました