公園は遊ぶところがいっぱい

子育て

休日、子どもが休みだと家でのストレス発散って難しいですよね。

「どか連れて行ってーーー!」

「僕を連れて進めーーーー!」って。

コロナが落ち着いてることもあり、車で1時間程の大きい公園に行ってきました。




 

行きはコンビニで優雅にコーヒー

行きに1時間かかると喉乾くので、コンビニによってコーヒーを買います。

嫁が買って来てくれるとの事で、車内で子どもとしりとり。

始めは単語だけど、そのうち「やったー」とか「おこったぞ」とか、しりとりに言葉入れたら一生終わらないじゃん(´;ω;`)

「おこったぞ」って、「おこったよ」とか「おこったもんね」とかでも出来るし。

そうこうしてたら、何やら嫁が店員に頭さげていました。

ははぁー。サイズ間違えて入れたな。これだからシロートは・・・

ストローもらってただけでした。そんなに睨まないで。

 

着いてからのおやつタイム

本日も晴天なり。

到着して背伸びをひとつ。人もそんなに多くなくて良いね!

早速、桜の木の下にシートを敷き、おやつタイム。

3月だから、パンパンに膨らんだ蕾でした。もうすぐで咲くなぁー

おやつは、おむすびとじゃがりこ。

子どもたちは、おむすびに夢中。

次男にいたっては、おむすび持って、じゃがりこに夢中。

おっ。次男分かってるね。俺もそうする。食いしん坊だから。

おむすびは確保してるから、共有物のじゃがりこから食べないとね( ´艸`)

周囲を見渡すと、フリスビーやらボール遊び。ドッグランとかしてる人がいます。

え?ドッグラン?公園で犬離していいの?

案の定、知らない人のシートの上荒らしてますけど。

「こらこらー」って飼い主が言っておりますが。

嫁も「お前がこらこらだ。離すな。アレルギーの人いたら公園これんわ。」

と毒舌を放っております。まぁ、たしかに。

 

大きな遊具で遊ぼう

子ども3人連れて、大きな遊具まで来ました。

つり橋に、トンネル、滑り台など、何でもくっついております。

5歳と3歳の息子、娘は2人揃って駆け回っておりました。

私は1歳の息子の見守り。なんでも登ろうとするので目が離せません。

最終的には、アリに砂かけていました。

「かわいそうだよー」とは言いますが、この年齢の子に対して効くとも思えず。

そう。大体、大人は世間に向けて「かわいそうだよー(注意はしてますよー)」

と言っています。

世知辛い世の中だこと。

 

子ウサギの観察

散歩していると、公園の作業員の方が「ウサギの赤ちゃん生まれてるよ。」

と教えてくれ、早速見に行きました。

親ウサギの群れの中に子ウサギが1匹。

大人の手のひらに乗るくらいの大きさで。カワ(・∀・)イイ!!

誰が親?みんなで育ててる感じでした。

子どもを抱っこして順番にのぞかせます。

息子は「ワンワン!ワンワン!」とずっと指差していました。可愛い事。

飼育員さんも「抱っこしていいよ。」と柵を開けてくれましたが。

「ありがとうございます。大丈夫です。」

本当に大丈夫です。私には菌が見えるのです。

子どもの体験としては良いのでしょうけどね。

ここの価値観は家庭によって分かれますよね。

 

ゴーカートでお花見

息子は嫁と、私は娘と、それぞれゴーカート。

交代で2番目の息子を見ながら乗りました。

注意書きにも「小さいお子様を膝に乗せての乗車は禁止」って書いてあるしね。

私の番が来ました。それではいってきまーす!

道中、トンネルをくぐったり、キリンの像があったり。

娘も大はしゃぎで楽しんでいました。

「パパ。キリンさん女の子だね。」

「ほんとだね。」

大体、女の子。

家族が来る公園でシンボルをつけようなんて奇才は、どうぞフィレンツェへ行ってください。

桜の木が頭のすぐ上くらいまで降りてきていて、ちらほら花も咲いていました(o^―^o)

娘と花見。あと何回出来るかしら。

 

 

おわりに

帰りの車内では、お約束通り子どもたちは爆睡でした。

中々外出できないので、今日は沢山遊べて良かったです。

早く世界が良くなって、沢山お出かけ出来て、沢山思い出が作れますように。

 

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました(^▽^)/

ではまた☆彡

タイトルとURLをコピーしました