子どもの絵は他人の批判でかけなくなる。子どもの絵の伸ばし方。

子育て

私は結構絵を描くのが苦手です。

それは

「今まで絵を描く経験が少なかった」

のが原因だと思います。

一般的に言う「絵心がない」人間です。

でも、絵を描くのは大好きです。

大人になってからはもっと好きになりました。

何故なら

「否定する人が少なく、肯定されだした」からです。



絵を描きたくなくなる原因

保育園の頃は皆絵を描くことが大好きです。

ぐるぐる描いたり、にょろにょろ描いたり。

集団活動でお絵描きの時間があります。

先生がお手本で、白板に絵を描いてくれます。

これが第一の弊害です。

皆、その絵に似せて描こうと必死になります。

皆、見え方はそれぞれです。

描き終わると皆周りをキョロキョロ。

第二の弊害。他人批判。

「えー、○○くん。似てないよ。違うよー。」

次第に描くことに自信が無くなり、描いても手で隠すようになります。

そして、描くことすらしなくなります。

「僕は絵が下手だから。描いても笑われるから・・・」

大人になって絵を描くことが好きになった理由

子どもが生まれてから

「絵を描いて」

とせがまれる事が出てきます。

そこで、思い切り描くと、子ども達はケラケラ笑って

自分のカバンに入れたり、大切に保管してくれます。

どうやら、私の絵を上手い下手以前に気に入ってくれたみたいです。

そこから、私は絵を描くことが苦痛ではなくなりました。

下手じゃない。個性的。

絵を描くことで大事なのは、自信をもって描く事です。

何故なら、どんなに上手い絵を描いても、気に入るかどうかは

描いた人を好きかどうかだからです。

そこからの私は

「下手とかどうでも良いや。逆に笑えて味があるな。」

と思えるようになり、よく絵を描くようになりました。

描く回数が増えると少しづつ上達している実感もあります。

褒める事で子どもの絵もぐんぐん伸びる

子どもに褒めてもらえて嬉しい私は、子どもの絵も決して否定しません。

良く分からない絵でも

「何を描いたの?」

「○○だよ。」

「へぇー。ここの場所がカッコよく描けてるね。」

「うん!」

等、褒め場所を伝えると喜んでくれます。

逆に否定すると二度とその絵は描きません。

3歳、4歳、5歳と褒め続けると

描く回数も増えるので、絵もぐんぐん上達して行きました。

上手くなると、周囲からも否定されることが少なくなるのでホッとしています。

まとめ

子どもの遊びって、積み木、ブロック、お絵描き

と、創作する遊びが多いです。

それだけ、他人が評価する遊びが多いという事。

「すごいね!上手に出来たね!」

と、褒めて自信をつけさせる事が次の挑戦を生みます。

繰り返すと上達に繋がるので、他人からの批判も減るのです。

子どもの絵の伸ばし方は

「褒めて自信をつけさせ、沢山描いてもらう」

これに尽きると思います。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました(^▽^)/

ではまた☆彡

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました