謙虚は相手への否定

自分磨き

「ひのぱぱさん。優しいですよね。」

いえいえ。そんな事ありませんよ。

「ひのぱぱ。流石ですね。」

いえいえ。お恥ずかしい限りです。

・・・とまぁ

日本人って、謙虚を美徳とした生き物ですよね。

肯定すると、かえって厚かましいとか、偉ぶっているとか。

ただ、結論を言いますと

謙虚は相手への否定です。

実は失礼な態度をとっているものと同じ事だったんです。



ホントは嬉しいくせに

人から褒められると嬉しいですよね。

ただ、自分に自信が無かったり、照れてしまったりして

「いえいえ。そんな事無いですよ。」

と言ってしまいがちです。

そんな天邪鬼な貴方。

貴方は優しい人なのは分かりますが、言った相手の気持ちを考えてみましょう。

折角褒めたのに

相手の立場からすると、こうです。

「折角褒めたのに、否定されてしまった。

再度、いやホントに凄いですよ~!

なんて、否定の否定をしないといけないし。

なんか言ったのにスッキリしなかったなぁ。

実際言わなくても良かったんだけどなぁ。」

そんな感じじゃないですか?

相手が折角自分の良い所見つけてくれたんだから、

素直に

「ありがとうございます!!」

が正解です。

お礼を言われて相手も満足

人を褒めた時に、相手にお礼を言われると

言って良かったなぁ。

って思います。

その連鎖で、どんどん相手の良い所を見つけたくなります。

お礼を言われた方がお互いに満足出来るのです。

お礼を言われると手ごたえを感じる

私は、よく人を褒めるように努めています。

謙虚な人は決まって、褒めを否定してきます。

優しい人なので嫌いになりませんが、その人に対して褒めにくくなっているのも事実です。

気を使わせちゃうなぁ・・・と思って。

次第にやってくれるのが当たり前の人

になってしまいます。

逆に、お礼を言われると、言って良かった。と手ごたえを感じます。

いい気分になります。

まとめ

褒めるという事は

相手の良い所を見つけて、

言葉としてプレゼントをしているのです。

自分発信なら、プレゼントを受け取ってもらえなくても自分の気持ち次第ですが、

相手からのプレゼントは是非「ありがとう。」と受け取って下さい。

そうすると、プレゼントした相手も嬉しいのです。

褒められたら肯定する。

大切なことですね。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました(^▽^)/

ではまた☆彡

コメント

タイトルとURLをコピーしました