新しい職場での顔の覚え方

福祉

「初めまして!新人の○○です!」

転職して、新しい職場。

心機一転頑張るぞー! と張り切っている貴方。

まず初めの難関は仕事の流れを覚える事。そして、

『職員の顔と名前を覚える』ことです。

これがとても難しくないですか?

皆、同じ顔に見える。

あれ?この人に挨拶したっけ?何てことよくあります。

私が使う名前の覚え方を紹介します。



一日で覚える事は諦めましょう

始めて会ったら自己紹介をします。

すると、相手も自己紹介をしてきますね。例えば、相手が「山田」と名乗った時

この人は山田。この人は山田・・・と呪文のように暗記しようとしますが、

まず、顔が皆同じに見えるので、次会った時、誰が山田なのか分かりません。

なので、初日に大切なことは、

  1. 指導者の名前を覚える。
  2. 指導者の話をよく聞く。
  3. メモを取る。
  4. 元気に挨拶する。

これくらいです。

形式上、毎回自己紹介するでしょうが、はっきり言って初見で覚えるのは無理です。

相手も、覚えてくれているとは思ってません。

覚えていないのかよー!と、思われる不安はあると思いますが

そういう方は人間としても未熟なので気にしないで下さい。

顔の違いがはっきりしない限り名前を覚えるのは無理です。

初日の休憩時間を乗り切ろう

初日の休憩時間は苦痛ですよね。

休憩室でも居場所無いですものね。

相手も新人には興味があるんですよ。向こうも何話していいか分からないだけです。

だから、質問攻めにあうか、蚊帳の外になるかのどちらかです。対処法として

  1. 話しかけられたら笑顔で対応
  2. しんどくなったら職場見学へ、エスケープ

お互い気を使い合うくらいなら、新人の強みを生かして職場見学でもしましょう。

最初の1週間は本当にクタクタになりますが、最初はそういうものです。乗り切りましょう。

顔の違いがはっきりした人から名前を覚えよう

顔の識別がしっかりした人から、名前を覚えていきましょう。

聞き方として、

  1. 指導者に名前を聞く
  2. 関わった時に自己紹介

関わった時に「すみません。以前、名前を教えて頂いたのですが、顔と名前と一致しなくて、申し訳ありませんがもう一度名前を教えて頂けないでしょうか。」

と、素直に聞いてください。

相手は、自分に興味を持ってくれているので、嫌な気持ちにはならないので大丈夫です。

顔がうる覚えの状態で名前を聞くと、同じ人に何度も名前を聞いたり、似た顔の人に間違った名前で呼んだりと事故が起こります。

名前の覚え方

名前の覚え方は以下の通り

  1. メモをとる
  2. ストーリーを作る
  3. 翌朝振り返る

まず、メモをとってください。

忘れた時に見返す為と、家に帰って振り返りをする時です。

そして、ストーリーを作って下さい。

例えば、「本田さん」を覚える時は、

『この人は、以前TSUTAYAに行ったときに本を買ってレジに並んでいたけど、本を中々出さなかった。本出さない。本出さん。・・・本田さん。』

とか、シンプルに

『この人の弟実は、本田圭佑。』

など、ストーリーを作ってイメージする事で顔と名前が定着します。

極めつけは、翌朝、昨日会った人は誰だったけかな?と思い出し、名前を呼び、合っているかメモをみる。

これで、覚えます。

人の脳みそは、振り返りをしないと、必要な情報と判断せず忘れるように出来ているからです。

昔の職場の人の名前を次第に忘れていく理由は、脳みそが、自分にとって必要でないと処理しているからです。

まとめ

初めての職場って本当に大変です。

仕事をする事が本分ですけれど、

結局一緒に働くのは人です。

名前を覚えてもらって、興味をもってもらうと相手も嬉しいはずです。

新人として、笑顔を大切に。徐々に名前を覚えていく。

こんな感じのペースで大丈夫なので、焦らずボチボチやって行きましょうね(^_-)-☆

 

ここまで読んでくださりありがとうございました(^▽^)/

ではまた☆彡

タイトルとURLをコピーしました