犬のウンチを踏んでも幸せです。

自分磨き

世の中には悲しい出来事や落ち込むことで溢れています。

上司に怒られたり、大けがをしたりとか・・・

でも、ちょっと待ってください。

悲しい。辛い。と思っているのは、自分の感情ですよね?

起こった事象は変わらないのです。

そんな、事象に対するものの見方を180°変えてくれる本に出会いました。

それが


ひすいこたろう著 「犬のうんちを踏んでも感動出来る人の考え方」

です(^▽^)/✨✨



本の概要

著者である、ひすいこたろう氏が

様々な有名な方と対談し、心に響く名言を紹介してくれます。

その名言の数々が、ものの見方を180°ガラリと変えてくれるのです。

貴方にも必ず心に刺さる名言が見つかる事を保証します。

ひすいこたろう氏の解説や、家族を交えたエピソードは、数々の名言達を更に私たちにしっくりと落とし込んでくれます。

そこでの私の学びを紹介します。

悲劇に見舞われた時

矢沢永吉さんが30億の借金を背負ってしまった時

矢沢さんは自分の状況をある考えで切り抜けます。

「人生を1本の映画にする。」

どん底の悲劇を自分を主人公にすることでエンターテインメント化するのです。

何故辛いことが起こるのか?

それは自分が主人公だから。

平凡な人生を上映して、映画館は満員にはなりません。

大きな失敗をしたり、大きな壁が立ちはだかったりして。

それを乗り切った時、最高のハッピーエンドを迎えるのです。

私の大好きなアニメ「魔法陣グルグル」のエンディングテーマでも歌われています。

どうにもならない今日だけど  平坦な道じゃきっとつまらない

君と生きてく明日だから  這い上がるくらいが丁度いい。

私は辛い時、必ずこの曲が頭をよぎります。

そして、叫ぶんです。

よっしゃー!イベントきたぜー!

悲劇を喜劇に変換するとスッと気持ちが楽になります。

 

人生に意味なんてないと感じた時

人生に意味なんてない。

そんな虚無感に襲われた事は無いですか?

私は、ゲームをクリアすると、達成感と同時に虚無感に襲われることがあります。

そして、そのゲームは内容を忘れるまでしませんよね。

本書でも、思い通りにいく事の本質は「退屈である」と語られています。

人生に意味がないと結論付ける人は、役割を見失っているからです。

結局の所、人は誰かの役に立ちたいと思う、優しい生き物です。

気付いていないだけ。

自分の為とか言う人も、他人の満足を見て満足しているはずです。

孤独を感じたら役割を見つける。

役に立つのは繋がる事。役割は生きがいになります。

私も父という役割を持たせてもらっています。

私が父でいられるのは、家族がいるから。

私が元気でいられるのは家族が元気でいてくれるからです。

自分が周りから劣っていると感じた時

私はとても凡人です。

他人より秀でたものが一つもありません。

人より詳しい趣味や好きなことを伸ばせる人は良いでしょう。

自分の味を伸ばせは必ず武器になります。

このグローバルな世の中、世界に発信すれば、好きな事が需要を生みますから。

でも、本当に他人より秀でたものが無いんです。

そんな時。この本を読んで気付いたんです。

「自分は他人が、自分より凄いってことを気付くことが出来ている。」

ってね☆彡

私が凡人で生まれたのは、周囲の凄さに気付くため。

貴方は凄い人だよって伝える為です。

自分の役割は難しい事をいう事ではなかったんです。

相手の長所を認め、尊敬し、協力し合える雰囲気を作る事。

出来の悪い自分がここまでやって来れたのは優秀な人達が周りにいてくれているからだ。

そう考えると道化のプロにだってなれそうです。馬鹿じゃない。馬鹿の振りして雰囲気をコントロールしているのだ。えっへん。

人は自分一人では何も出来ません。

ところが、人は、他人より出来ると、出来ない人を見下す傾向にあります。

そうさせない為に、人の弱みが分かる為、人の強みに気付くため、神様は私をお創りになったんだと思います。

貴方も、意味があって神様が創ったんですよ。

失敗を恐れている時

「こんなの無理だって!」

「できっこないって!」

人生には無理難題を押し付けられる事がいくつかあります。

失敗するのは怖いですよね。

誰かに批判されると自信も失うし、勇気も湧いてきません。

しかし、無理や不可能は感動の始まりです。

乗り越えた時、必ず感動が起こります。

成功者というものは、成功した姿だけ評価されます。

なので、周囲の人は

「あの人は完璧だ。私はああは成れない。」

と、雲の上の人を見るかの様です。

実は、成功の裏には沢山の失敗があります。

私たちは、相手の成功しか見えていないから、自分が失敗した時

「自分はダメな奴なんだ・・・」とくじけるのです。

では、成功する人の失敗した時の考え方です。成功者はこう考えます。

ゴールは成功しかないのだから、失敗は1つ前進したと考える。

成功する人に後退の2文字は無いのです。

全ては学び。落ち込んでいる暇がないのです。

失敗を分析して出来るとすれば何をすれば良いのかを考えていく。

出来る前提で物事を考えているのです。

そして、もう1つ大切なこと。

失敗を楽しんでいるのです。

人生は思い通りにいかないから面白い。

自分にある欠点さえも認めています。

「欠点とは自分に欠かせない点である。」

作家の乙武洋匡さんはこう言います。

失敗と書いて「けいけん」と読みます。

さぁ、沢山経験値を積み重ねましょう!!

まとめ

・自分を映画の主人公に見立てる。ピンチや困難にぶち当たった時は盛り上げ時。

・孤独を感じたら、役割を考える。他人の為に何が出来るかを考える。

・他人より抜きんでた所を見つける。見つからない人は、他人の凄さを伝える才能がある。

・失敗を楽しむ。成功はゴール地点。その道のりは失敗の積み重ねでしか有り得ないのだから。

 

辛い時は、自分に当たっているフォーカスをグッと引いてみて下さい。

地球規模までさがった時、貴方の悩みは点です。

大丈夫。大したことない。生きてるだけで丸儲け( ´艸`)

 

ここまで読んでくださりありがとうございました(^▽^)/

ではまた☆彡


 

 

タイトルとURLをコピーしました