子育ての選択肢と並行世界への考察

子育て

子どもの可能性を広げるのも大人の役目ですね。

「いやいや、子どもは自由に。自分から興味を持たないと意味がない。」

おっしゃることも分かります。

とりあえず、手に持っている煎餅を置いて体を起こしてから言ってください。

今の現状って、あなたが選択した道の積み重ねだって事ご存じですか?

今回はちょっと不思議な話をします。

並行世界のお話です。



並行世界(パラレルワールド)とは

あなたが、愛する妻と結ばれてお子様に恵まれた今の現状がAだとします。

時間を遡って、今あなたは妻にプロポーズをする所です。その時にプロポーズしないという選択肢を選んだとしましょう。

それがBだとします。

今現在、もしBを選んだ道が存在するならば、愛する妻や子ども達はいない世界を生きている訳です。

選んだ選択肢とは違う選択肢を選んだ未来が存在している事を並行世界(パラレルワールド)と呼ぶのです。

あなたは最善の道を選んでいますか?

あなたには、今までも、これからも沢山の選択肢があり生きていきます。

転職した人生、勉強した人生、頑張った人生。

・・・煎餅落としてますよ。

私もゲームが大好きで、ずっとゲームをしていました。

やり続けていたら、eスポーツ選手になった未来もあったと思いますが、暇つぶしのゲームです。

ある時、「変わらないとずっとこのままかもしれない」と思い

毎日ケアマネージャーの勉強を続けて、資格をとりました。

そして資格を生かした仕事をしています。

今、ゲームをやり続けていた自分が並行世界に生きているとしたらどんな道を歩いているのでしょう?

過去にもっと勉強していたら、今どんな道を歩んでいるのでしょう?

今からでも自分が最善手であると言える選択肢を選ぶことが出来るのです。

それが1つの並行世界を作っているのです。

幸せな未来を想像してみましょう。

子どもに選択肢を与えましょう

話を子どもに戻しましょう。

確かに子どもには自分から興味を持ったものに自由に取り組んで貰いたいです。

しかし、子どもは世の中にどんな道があるのか知りません。

福祉の世界にも、介護士だけではなく、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、医療事務など様々な職業が存在します。

そのことを子どもが知っていますか?

知らないんです。自分の世界にそんな情報がないのですから。

今、うちの子に書道を習わせていますが、嫌がるなら直ぐ辞めさせるつもりです。

ですが、嫁も夢中で書道に通っているので、一緒に切磋琢磨するのが楽しいようで、続いています。

私よりも上手です。

この子達の世界に、サッカー、そろばん、プログラミングなど・・・

未知の選択肢を与える事で、子どもは選ぶ事が出来るのです。

そこで興味をもって夢中になってくれたら、しめたものです。

無限の彼方へさあ行くぞ!

私たちは、いくつもの選択肢を選び、現在を生きています。

あの道を選んでいたら、この道を選んでいたら・・・

きっと今ではない自分がいます。

あなたは今幸せですか?

幸せなら、きっと、今まで選んできた選択肢が最善手だったのでしょう。

子ども達にも、いくつもの選択肢を与えて、人生の最善手の手助けをしてみてはいかがでしょうか。

子ども達の可能性は無限です。そしてあなたも・・・☆彡

最後に大好きな、バズの言葉を送ります。

無限の彼方へさあ行くぞ!

ここまで読んでくださりありがとうございました(^▽^)/

ではまた☆彡

タイトルとURLをコピーしました