子どもが初めて覚える言葉。アンパンマンは親の次に偉大。

子育て

我が子が

「パパ」「ママ」と初めて言ってくれた日は、天にも昇る嬉しさです。

訳の分からん喃語から、意味の持つ単語へ移り変わる瞬間ですね。

嬉しくて。嬉しくて。嬉しくて。嬉しくて。

今日も単語を教えます。

だだ、パパ、ママって発語が短いからイマイチ単語感が無い(;’∀’)

もっと長い言葉覚えないかなぁっと思っている矢先、覚える言葉。

それが

「アンパンマン」です。

アンパンマンは親の次に偉大です。



何故アンパンマンを覚えるのか

アンパンマンは未満児の目にとまりやすいです。

なので、日頃からよく耳にする言葉です。

よく耳にする言葉なので、言語の獲得も早くなります。

親も一生懸命教えますものね( ´艸`)

全て丸で出来ている

赤ちゃんは丸いものに反応します。

何故ならよく見る親の顔が丸いからです。

丸を目で追う習慣が生まれた時から身についているんですね。

丸が動き回る

アニメなので、アンパンマンは画面上で縦横無尽に動き回ります。

丸がチョロチョロ動くのでついつい目で追ってしまう訳ですね。

見る機会が多い

今や世界のアンパンマン。

メディアでも見る機会は多く、

内容が優しいので、親が子どもに見せる事も多く、

子どもが見る機会が多い訳ですね。

「アンパンマン」と正確に言える子は少ない

子どもがアンパンマンを指差しはじめると

いよいよ、名前を呼んでくれます。

「アンマン」「パンマン」「マンマン」

大体、フルスコアで「アンパンマン」と言える子はいません。

ちなみうちの子は

「アパチー」でした。

アンパンマンの「アンパーンチ!」を覚えたみたいです。( ´∀` )

まとめ

うちの子がアンパンマンに興味を持つのは未満児の間だけでした。

それから、ドラえもん、キラメイジャーと様々移り変わっています。

一番下の子はアンパンマンに夢中です。

世の未満児たちを笑顔で包み込んでくれる

アンパンマンは親の次に偉大です。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました(^▽^)/

ではまた☆彡

 

タイトルとURLをコピーしました